スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

名作に巡り会えたこと

こんばんは。

今日はですね、最近買った「NieR RepliCant」について語りたいと思います。

このゲームマルチエンディング方式でして、私はもうクリアして
1周目であるAエンディングを迎えたのですが・・・もう、なんといっていいのやら。

とにかく、切ない。
切なくて悲しくてたまらないゲームでした。
そして、すっっごく面白かったです。
今さっそく2周目やってます。近いうちに全てのEDを見るつもりです。
そうしたらまた記事書くでしょうね。
私このゲーム、かなり、かなり気に入ってしまいました。大好きです。

以下、ネタバレ含むので、少しでも興味があってやろうかなとお思いの方は
出来れば、読まないでくださいね!
私はこのゲームを無心で、何も知らずに何も覚悟せず、プレイしていただきたいです。
内容を知ってから実際にプレイしたのでは、意味がないと思うので。
それは心の底から楽しんだとは言えませんし、とてもとてももったいないことです。

というわけで、プレイ済みもしくは絶対ニーアをやる気はないという方のみ、
続きからどうぞ・・・




まず、私は主人公にニーアと名付けたので以下主人公のことはニーアと呼びます。

説明書やパッケージ裏から、妹のために頑張る話なんだな、ということだけはわかっていました。
正直私は兄妹もので感動したことがほぼない(というか苦手?)ですし、
あまり期待していなかったうえに、クリアした今でもニーアとヨナの二人には涙は流れませんでした;
多分苦手な理由は私がリアルで兄が嫌いだからだと思いますが(;゚∀゚)
いや、ニーアは良い奴だと思いますよ、特に少年期の頃はかなり好感持てました。
TODのスタンしかり、サクラ大戦5の新次郎くんしかり、良い人大好きなんで。
青年期はなんか好きになれませんでしたけど・・・皆殺しって言葉多用するし・・・


まあとりあえずいざ始めると、なんだか近代的なところから始まるじゃないですか。
あれ?ファンタジーじゃないの?と思いつつ、敵をなぎ倒していきました。
結構序盤から大変でしたね、戦闘。まさかはじめからあんなにリンチされるとは思わなんだ;
どんどんレベルが上がって魔法の技が増えるのを楽しいと思いつつ同時に不審に思っていると
やっぱりこれは本編じゃないんだってことがわかりました。
とするとこれは伏線か、と。

そして現代のニーアとヨナに。
このときから、あの兄妹の生まれ変わりかなにかかな?と薄々思ってみたり。

序盤は、普通に楽しんでました。
村のみんなのお願いごとを聞いてあげたり、シロとの会話にクスッときたり。
カイネが仲間になってからは頼もしい仲間が出来て戦闘もより楽しくなったし、
なによりカイネが私の好みなキャラクターだったこともあり気楽に良いゲームだなと思ってました。
ただカメラ酔いがひどく、気持ち悪くなって中断することもしばしばでしたが。

なにか雰囲気が変わり始めたのは少年期後半の、洋館。
そう、エミールです。
私にしては珍しく、一目見たときから「良いな」と思ったのです。
私がショタキャラを良いと思うなど、めちゃくちゃ珍しい事です。
この女の子やお姉さん大好きな私が!
まぁそれはさておき、洋館ではエミールが敵を石化して援護してくれましたが仲間にはならず。
でも絶対にこのまま終わるわけないと思いました。
この子にはまだなにかあるはずだ、と。

しかしそのままゲームを進めていると村がでかいマモノに襲われます。
図書館前でなんとか撃退するも、図書館の中から悲鳴が。
そしてそこで、エミールが来てくれます。


ここから。
ここから、ずっと、ずっと、私は泣いてきました。
この図書館での出来事から2周目をやっている今まで、もう涙流しまくりです。
もちろんプレイ中ずっと泣いていた訳ではありませんが、
もうここからずっとイベントがあるたびに毎回泣いています。
それほど、怒濤の泣けるイベントが最後まで続くんですよ・・・

ここで、カイネといったんお別れ。
エミール・・・


そして青年期へ。
エミールから手紙が来て、今度こそなにかあるのではと思いました。
洋館へ向かい、そして、あの地下室へ。

もう、本当に切なくて切なくて・・・!!!
6号を倒して、エミールの声が聞こえて安心して、 そ し て。
ああもう本当に切ない。

私は最初屋敷でピアノを弾くエミールを見たときに一目惚れしたのは確かです。
でも、変わり果てた姿を見てからの方がずっとずっと、愛おしいです。
確かに顔や体は正直怖いと思います。そこは嘘つきたくないです。
それでもエミールが愛おしいのは、なんででしょうね。
声っていうのもあるのかな。エミールのあの可愛らしい声を聞くたびに
ああエミールだなって思います。その度に切なさと愛しさを感じます。

エミールが魔法を使えるようになり、カイネを助けることができました。
このイベントムービーも、泣いたなあ・・・
どんな姿になっても自分を認めてくれることの嬉しさは、本当に大きいと思います。
エミールを見るカイネのあの優しい顔は、忘れられません・・・


さて、長くなりそうなので少し短縮して。
終盤、魔王の城での出来事。

まず、まさかのポポルさんとデボルさん。
最初は幻影かなにかで、魔王がニーアたちを騙そうとしてるのかと思いきや
まさかの嘘なし、本人たちだったという。

倒せないイノシシのマモノに苦戦しているときの、思わぬ助太刀。
この演出にもまた涙が。

そしてまたポポルさんとデボルさん。
世界の真実を明かされます。
デボルさんを倒して、ポポルさんが・・・

ここにきて、初めてニーアたちは善ではないと思いました。
でも悪でもない。いや、善であり悪なのかもしれません。
戦うものたちにはそれぞれ理由がある。
ポポルさんたちが言っていた台詞を噛み締める。

ここで、私がこのゲーム史上もっとも泣いた、エミールとのお別れが。
涙があふれてあふれて、まともにムービー見られませんでしたが、
エミール最大の見せ場ですからなんとか頑張って目に焼き付けました。
うん、死にたくないよね・・・
誰だって死にたくない。エミールは、ものすごい勇気を出して、そして・・・
ああ、今こうして記事を書きながらも涙が出てきます・・・

今までずっと一緒に旅してきた仲間を失ってとてもダメージをうけるニーアでしたが
カイネのおかげで前に進みます。
言葉じゃなく、蹴りや拳で立ち直らせるところがすごく印象的というか、良かったです。


そして、黒の書と魔王戦。
正直、思ったより苦戦しませんでした。

ヨナとの再会。
でもヨナには、違う”ヨナ”が入っていました。
魔王は、”おにいちゃん”。
最初に都会でマモノと戦っていた、あのときの兄妹。

最後に名前入力をして、エンディング。


しかし謎は多いままです。
結局黒文病とは?白の書、黒の書とは?昔になにがあったのか?
ヨナの病気は結局治っているのか?治っているならなんで治ったのか?
カイネはあの後どうしたか?カイネの個人的な問題とは?などなど


今やっている2周目についても少し書きます。
2周目はなんとカイネ編。しかし操作は変わらずニーアですが。
まず最初、カイネの過去を見る事に。
崖の村でのいじめ、おばあちゃんとの暮らし、マモノに襲われた事、テュラン。
そして、あの図書館でのカイネの復活へ。
そこから2周目は始まりました。

まずカイネの言い残した個人的な問題ってテュランのことか、と分かります。
それから、マモノが元人間であったことがクリアして分かったので、
2周目からはマモノ視点のイベントムービーが入ったり、マモノの台詞が聞けたりします。
これがまた、泣けるんですよ・・・
2周目なのに私が未だに泣いている理由がこれです。
ストーリー進行に差はないですが、ちょいちょいこういったムービーが挟まれます。
あとたまにテュランの台詞も聞けます。

マモノの立場も分かりかけてきたので、闇雲になぎ倒すのが心苦しくなってきました;

こんな感じでしょうか。
本当にハマりました。オススメしたいです。いろんな人に。


さて、ここからは私の個人的な願望の話なんですが・・・

・・・エミール×カイネって良くないですか?
なんか、調べたら、エミールは公式でニーアの事が好きらしいのですが。
私は公式だろうとなんだろうとエミールはカイネが絶対お似合いだと思うんですよ。
わりとエミールとカイネのそれっぽいムービーあったし、
エミールがカイネとの二人きりの野宿気に入ってるっていうから、
絶対私はエミールはカイネのことが好きなんだなって思ったんですよ。
カイネも邪魔するなって返してるし。(確かに冗談っぽい台詞だとは思うけど!)
仮面の街でのニーアとの会話のそうじゃないんだけどなぁっていうあの台詞も
この容姿でお嫁さんなんか来てくれるのか?ってことだと思ったんですよ。

まさか、ニーアは男だからお嫁さんにはなれない=そうじゃないんだけどなぁ
だとは思いませんよ・・・
エミール×カイネ、良いと思うのに検索してみたら少ないからどういうことか調べたら
まさかのゲイだったとは・・・

私はゲイが嫌なんじゃない、エミールがゲイというのが嫌なんだ。
カイネが相手の方が良いと思うから反対なんです。
ああもうほんとになんでだ・・・そこだけは私は納得がいかない・・・
他のエミールファンの方は、これについてどう思ってるんだろうか。
私みたいにエミール×カイネを望む人はいないのかなぁ

私はまだCとDのEDを見ていないので、もしかしたらカイネの方がニーアとくっつく
可能性もなきにしもあらずなわけで、
エミールがニーアのことが好き以前にカイネがエミールに興味なかったら
もうエミール×カイネなんて夢のまた夢ということになってしまうわけですが。

それでも私はエミール×カイネを推し続けます。
ニーアはシロとでも結婚すればいい←



さて、最後ものすごい私のワガママをぶちまけましたが
全体としては、本当に好きなゲームです。
はやく全てのED見たいですね!

ではではこのへんで。






スポンサーサイト
04 : 57 : 38 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Bエンディング | ホーム | C85感想>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tohomamegohann.blog10.fc2.com/tb.php/331-b2e5d1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

川淵がうろ

Author:川淵がうろ
百合が大好きな大学生♀ですw
主に東方projectを扱ってます。
たまにストパンやその他百合作品も。
一番好きなキャラは四季映姫様!!
カプならもちろん
  “こまえーきは我が悲願”←重要
原作は花映塚と地霊殿が特に好きです!
詳しくはトップ参照・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トップ (1)
雑記 (263)
イラスト (58)
バトン (2)
小説 (2)

カウンター

ブロとも一覧


門番の奮闘日記

皐月の奇妙なブログ-爆ぜる永劫の惡の華-

鍵兎のskillup↑ブログ

ぱんじー茶

UNMISSING!!

わにがみのまったりな東方+αなブログ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。