FC2ブログ

京都・東方聖地巡礼の旅レポ

3日前に京都から帰ってきました秋月ですこんにちは。

本当は昨日更新しようとしたのですがFC2のサーバーが混んでて
なかなかアクセスできなかったので今日しますw


二泊三日、聖地巡礼してきましたよ~!

写真つきでレポ書きたいと思います!
むちゃくちゃ長くなるので続きから!

さて今回は私と友人合わせて五人の旅行でした。
聖地巡礼とか考えてたのは私だけなので、
はじめの二日間はみんなとは別行動でしたwwぼっちww
まぁ有名どころかなりスルーしてマイナーなところばかり行く予定でしたからね・・・
私のわがままに付き合わせるわけにもいかないので!
べ、べつにさみしくなんてないんd(ry


ということでまずは出発から。

東京駅から新幹線のぞみで京都へ。
11時~1時ぐらいの乗車時間だったかな。
途中で品川、新横浜、名古屋、新大阪を通り過ぎていきましたねー

お昼は新幹線の中で済ませて京都着。
京都駅はお茶の広告が多かったような・・・(そこか


ホテルのチェックインは3時からだったので
それまでの時間がもったいないということで
ロッカーに大きい荷物を預けてサッサと観光へ行くことに。

みんなで市バス一日券を買って、銀閣寺行きのバスへ乗り込みました。
みんながそのまま銀閣寺へ向かう中、私は五条坂で降りてみんなと別れました。
ぼっち行動の開始ですwwww


五条坂を登って清水寺へ向かいます。
清水の舞台の近くから撮った京都がこちら。

DSC_0286.jpg

すごく・・・微妙です
曇り空だったし、色々残念な写真になっちゃいましたねw
京都着いてからはじめて撮った写真がこれとは・・・(´・_・`)


気を取り直して先に進みます。

そういえば、清水寺って永琳の背景でしたよね?
もっとちゃんと撮ればよかったなー。

しかし一番の目的は地主神社。

地主神社といえば縁結び、恋愛成就で有名ですよね。
修学旅行生とカップルだらけでした。

その人たちがワイキャイ(?)してる中、
私だけ
「(うおお恋占いの石だ!こいしちゃんこいしちゃんこいs)」
「(大国主様キタ━(゚∀゚)━!)」
など心の中で、あくまで心の中で盛り上がってました(^_^;)

写真はこれです。

DSC_0288.jpg

DSC_0292.jpg

大国主様に指写りこんじゃったwww
しかもこの像、友達が言うにはとなりに因幡の白兎もいたらしいんですけど、
そのときの私は全く気がつかなくて、大国主様だけ撮ってきてしまったという・・・w
てゐゴメンww


そしてあたりを見回して、あれ?思兼大神は?
といくつかある祠を見たのですが名前がなく、えええ?と戸惑っていたら
説明書きに名前だけ書いてありましたw

DSC_0289.jpg

真ん中あたりに書いてあります。
これがアップ↓

DSC_0291.jpg


写真横になっちゃいましたね(^_^;)
さて、思兼大神とは東方では誰のことか?
オモイカネ、どっかで聞いたことが、いや見たことがあるようなって方。
そうです、八意永琳のスペル名にも使われ、永琳本人の元ネタでもある神様です。

写真を撮りながら心の中で(゚∀゚)o彡゜えーりん!えーりん!
とやったのは言うまでもな(やめろ

さて、地主神社はこれでおしまい。



次は私が今回の旅で2番目に楽しみにしていたところです^^


DSC_0293.jpg


わかりづらいかもしれません・・・
六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)です。

ここには小野篁(おののたかむら)という方が祀られています。
この方は夜な夜な冥府に通って閻魔様の横でお手伝いをしていたと言われていた方です。
ちなみに小野小町のおじいちゃんでもあります。
もうおわかりですね?(^ω^)
そう、小野塚小町の元ネタとなった人物であります。こまっちゃぁぁぁぁん

このお寺、中に私と大工さん二人しかいなくてですね・・・
しかも妙に静かなんですよ。いやお寺が静かなのはいいことだけれどw
なぜか緊張してしまって
「(これ境内の中も撮っていいの?え?いいの?)」
と不安になってきたので、中は撮ってきませんでした;

どうやら工事中だったようで、
大工のおじさん二人が作業してる中見て回りました。

門を入って進んで中に入ると境内です。
境内の右手には閻魔大王と小野篁の像が鎮座されている建物が。
覗き穴からのぞかないと見えないのですが、
穴から覗いてみたお二方は結構迫力ありましたね!


左手にある仏様がたくさん並んでいる場所はどうやら
亡くなった子供を供養するところでしたね・・・
しんみりしました。


そして事件が(何事

このお寺には、小野篁が閻魔王庁へ通う際に用いたと言われている井戸があります。
その井戸も、とあるところから覗かないと見えないのですが、
その場所が大工さんの作業してるところだったんですよ。
恐るおそる近づいたら
「あっ、大丈夫ですよ」
というのでホッとしてそちらに向かいました。
しかしここからが問題でした・・・

その井戸を覗く場所、5段ぐらいの小さい木製の階段を
靴を脱いで登らなきゃいけないんですよ。

私が履いてたブーツを脱いでその階段を4段目まで登ったときそれは起こったのです。
バキィィッ!!・・・・・・と。
「え」

なんと、階段を踏み壊してしまったのです!(;´Д`)
階段は金具ごとはずれて私もろとも全部下に落ちてしまいました;
さっきの大工さんが「大丈夫ですか!?」と駆けつけてくれました
「私は大丈夫ですけど、これは大丈夫じゃないですよね・・・?」
といったら苦笑いしてました。え、苦笑いで済むんですかww

とりあえず大工さんが階段を直してるあいだに
私はじっくり井戸を眺めましたよ(オイ

帰りは飛び降りましたw


まぁ事故です事故。
次いきましょー


次は熊野神社です。


DSC_0295.jpg


八咫烏が祀られている神社です。
日本サッカー協会のシンボルとして描かれているのでサッカーのお守りとか売ってました。
私?私はもちろんお空のこと考えてましたよ(キリッ


熊野神社に参拝したあと、みんなと合流しました。
ホテルでチェックインした後、みんなでごはんを食べにまた外へ。
ホテルは泊まるだけで食事はついていないので。
でもこういう自由に行動できて過ごせるのはやっぱりプライベートの魅力ですよね。
修学旅行もいいけど、好きなひとたちとだけで行けるのはやっぱり楽しい^^

夕食のあと、私だけ夜にまわろうと思っていた場所が二箇所あるので、
みんなもこのあと特に予定がないというので連れて回りました(オイ


一つ目は八坂神社です。

DSC_0297.jpg


DSC_0296.jpg

立派な門ですね~


八坂神社といえば?神奈子?いいえ、稲田姫様です。
しかし稲田姫様に関係ありそうな場所が見つからなかった;残念;

DSC_0298.jpg

↑適当に撮った写真(ぇ


夜の八坂神社は雰囲気ありましたね~
石畳と灯篭がいい感じに幻想的な雰囲気を出してた場所もあったので、
ぜひ夜にいくことをおすすめします!
あの景色撮ればよかったなぁ・・・



第二弾は神明神社。
夜の賑わいを見せている四条通りの途中で裏道に入り
おしゃれなバーを通り過ぎたところにありました。ちょっとわかりづらい場所w


外観はこちら↓

DSC_0299.jpg


神明神社には、鵺を退治したとされる二本の矢じりが写真ですがあります。


DSC_0300.jpg


説明書きによると、ここで鵺は退治されたのでしょうかね?
ぬえちゃんがんばれw


これがその矢じりの写真。

DSC_0301.jpg

かっこいい矢じりですね!


あとはホテルへ戻ってお風呂入って
テレビでローカル番組とかみながらみんなでだらだらしてました。

京都1日目はこんな感じかな。
じつは熊野神社は時間がなさそうだからと行かない予定だったのですが
うまく市バスを利用して時間ができたので寄りました。
今回の旅で学びましたが・・・
京都を観光するときは、バスで十分ですね。市内では電車使わないです。
まぁ見るところにもよりますが、嵐山の電車とか特別なもの以外はバスで大体済みます。
一日乗車券、500円と乗る回数考えたらかなりお得でしたし。

次回もし行く時はまたバスにたくさんお世話になりそうですねw



さて、二日目です。
私だけ早起きしてまたぼっち行動開始ですwww
まぁ早起きっていってもみんなに比べて、なだけで
実際ホテル出たの9時頃になっちゃいましたが。


まず、平安神宮へ向かいました。
おまけ↓

DSC_0304.jpg

いや、関係あるかわからないけどね、これ・・・ww


平安神宮到着。

DSC_0305.jpg


平安神宮周辺は道路も広々としていて、
朝だとなんだかとっても爽やかというかスッキリというかとにかく
清涼感あふれる地域でした(なに
朝行けばわかりますよ!

どでかい鳥居もあってかっこよかったのですが撮り忘れました←

中に入ります。

DSC_0306.jpg

朱色が綺麗ですね~!


DSC_0308.jpg


中はこんな感じ。ひろびろ。
てか写真傾いてるww 撮るの下手だな私



さて、平安神宮の目的です。こちら↓

DSC_0309.jpg


この景色どこかで見覚えないですか?え?ない?
実はこの景色と角度で撮った平安神宮、
東方永夜抄の永琳戦の背景に使われているんですよ。
とても残念なことに、私が行った時には木と竹でできた柵?のようなものが
あってすごく違和感だったんですけどね・・・・・・(^_^;)




さてさてお次は金戒光明寺へまいります。
通称くろ谷さん。そう、ヤマメちゃんです^^^^

DSC_0311.jpg

DSC_0312.jpg

入口はこんな感じ。
入った中に幼稚園もあって、敷地面積はとても大きかったですね。広い。

しかし!金戒光明寺のとても立派であろう門が、なんと修理中・・・
う~ん撮りたかった。

DSC_0313.jpg

しかし土蜘蛛に直接縁のある場所はここではなく
北野東向観音寺というところに土蜘蛛塚があるらしく、
なんと私はそこをチェックし忘れてしまっていていけませんでした・・・
これ、今回一番悔しいところですww


さて、お次は二条城・・・・・・
を、通り過ぎて近くにある公園へ行きますww

DSC_0320.jpg


こちら。鵺大明神の祠というらしい。


DSC_0321.jpg

彫りが薄くなって読みづらい石碑。読めないこともない。


DSC_0322.jpg

これが祠。
ぬえちゃん^^


公園の中には池があり、説明書きが設置されてました。

DSC_0323.jpg


ふむふむ。
・・・・・・・ぬえちゃんの血ですか・・・(´・_・`)

これが池です。

s-s-DSC_0324.jpg


なんか画像縮小がうまくいかなくて
モザイク画みたいになってますが気にしないでくださいwwwwwww



お次は一条戻り橋へ向かいます。
一条戻り橋は二つあるので一つ目。

こちらは現在川に架かっている一条戻り橋。
全体像撮り忘れました;

DSC_0326.jpg


けーね!けーね!
説明書き↓

DSC_0325.jpg


二つ目は、まぁちょっと置いといて晴明神社へ向かいます。


DSC_0327.jpg

DSC_0329.jpg


五芒星が書かれてますね。
晴明神社といえば安倍晴明。
安倍晴明といったら陰陽道。
ちぇええええええええええん(?)


入って左手に、二つ目の一条戻り橋があります。

DSC_0331.jpg

こちらが本来の一条戻り橋らしいです。意外と小さい
お隣に、かなり存在感のある式神さんが座ってますw

DSC_0330.jpg

そして説明書き。横になっちゃった;

DSC_0332.jpg


そしてこんなところに陰陽玉がw

DSC_0334.jpg


となりに千利休さんの屋敷跡もありました。

DSC_0335.jpg



境内は小道をはさんで向こう側にあります。
入口はこんな感じ↓

DSC_0336.jpg

DSC_0337.jpg



井戸↓どんな井戸か忘れました(ぇ

DSC_0338.jpg


桃↓
厄除けの桃だったかな?
東方で桃といったら天子と綿月姉妹ですが
天子はむしろ厄介者なんじゃないかな~とか思いながらなでましたw

DSC_0339.jpg




さーて!
お次の場所は、今回の旅で一番の目的であるところです!!

その名も引接寺!
え、ピンとこない?
では別名、千本ゑんま堂!
・・・おわかりでしょうかw

そう、私が愛してやまない映姫様のーうふふふふ
閻魔大王様がいらっしゃるーふふふふふふふ(キショい

ゲフンゲフン

千本ゑんま堂、やってきましたこちらです↓

DSC_0340.jpg

本当は引接寺というのですが、
千本ゑんま堂という呼び名のほうが通っているみたい?

DSC_0341.jpg

DSC_0342.jpg


本堂?はこちら↓

DSC_0343.jpg


中の様子は撮っていいものかわからなかったので撮ってきてないです。
閻魔大王様がとても立派で荘厳かつ偉大なオーラ放ってましたよ・・・
あ、流石に閻魔大王様は撮影禁止って書いてありましたけどw

もう内心ドッキドキでしたねw
卒塔婆流しというのができると書いてありましたが
よくわからなかったのでやめておきました。

お参りノートというものが置いてあったので手にとって読んでみると
いろんなひとがそのノートにお願い事を書いていました。
私も書いておきました。
パラパラめくって読んでいると、
幼女がかいたであろう文があったのですが、内容が
「もうぜったいにうそをつかないのでゆるしてください」
って書いてあって何があったんだろうと思いました・・・(^_^;)

私は今まで参拝した場所でお守りとか買わなかったのですが
ここでは絶対に記念になにか買うぞ!と意気込んでいたので
社務所みたいなところで買いましたよ^^
まず閻魔大王様のA4サイズのお写真。今部屋に飾ってます←
あと古歌の書かれた手ぬぐい。
「願わくは 我にすかれよ 極楽の
        道を教えむ ゑんま大王」
と書かれた手ぬぐいです。

「人々が我に好かれるように。そう言って極楽へたどる道を教える閻魔大王様」
って感じかな?訳は。

意味はたぶん、
「良き生きる道を教えるから、わたしに好かれる(善人と判断される)ように生きなさい」
かな?
私の勝手な解釈ですが、
もしこのとおりだとしたら閻魔様お優しいというかなんというか
恐れるどころか・・・・・・うーんうまく言えない;

とにかく、やっぱり閻魔様はお優しい方だと!
その優しさが映姫様にも受け継がれてるんだきっとうへへ(自重
映姫様のセリフに垣間見える優しさはもうほんと感激というか
ぐあああああ私の語彙力のなさに絶望したー!
 
だめだこりゃ(笑)
私の映姫様愛はとどまることを知らないぜ・・・


さて、気を取り直して
お次は上品蓮台寺です。
秘封の蓮台野夜行の元ネタ。多分。

DSC_0344.jpg

DSC_0345.jpg


写真はこれだけ。特に注目するものがなかったので・・・(ぇ



二日目はここまでで終了・・・のはずでしたが
またもや時間にかなり余裕ができてしまったので
三日目に回る予定だった宇治方面へ行くことに。


京都駅に行って、奈良線で一本。
宇治へ行きます。


駅からまず宇治川へ向かいます。
そして平等院表参道へ・・・・・・向かいませんw

その平等院表参道のもう一本右の道に入ります。
そうしてしばらく歩くと・・・

DSC_0346.jpg


着きました。橋姫神社。
東方ファンならお分かりでしょう、水橋パルスィの元ネタの場所です。

入ると説明書きが3つも。

DSC_0348.jpg

DSC_0350.jpg

DSC_0351.jpg


源氏物語にも出てくるそうで。


DSC_0352.jpg

DSC_0353.jpg

これが橋姫の祠。横になっちゃったー;

となりに、なんと住吉も祀ってあります。

DSC_0354.jpg

DSC_0355.jpg


住吉といったら私の家の近所・・・じゃなかった
儚月抄にでてくる水、航海の神様ですね。
思わぬところで拝めました。ありがたや。

と、ここでとんでもないことが・・・wwww
私はここであることを願いました。
橋姫神社は縁切りで有名です。パルパル。
私も、バイト先のことで縁切りを願いました。

まぁ、この話の続きはあとにとっておきましょう・・・ww

人の気配がない社務所に新聞の切り抜き?が貼られてあって
橋姫グッズ?で缶バッジが売られてるらしいんですよ。
当然私は欲しい!!と思ったのですが
よくその切り抜きを読むと
「~社務所で月、水、金に販売している」
と書かれてしばし静止。
この日、なんと木曜日。買えない\(^o^)/
泣く泣く橋姫神社を後にしました・・・w
今度また来よう、うん。



橋姫神社を出て、さっきの宇治川あたりに戻ります。
先ほど無視した平等院表参道へ向かいます。

平等院もしっかり私の聖地巡礼コースに入ってますからね!

表参道はお茶屋さんが並んでましたね。
あんまり賑わってませんでしたけど
お茶は大好きなのですが私はスルーして通り過ぎました(^_^;)

そして着きました、平等院。

DSC_0356.jpg

DSC_0357.jpg


ここまできて、なんだかデジャヴな雰囲気。
拝観料を取るらしいので受付へ。

そして受付のお姉さんに言われた衝撃の事実。

なんと今、平等院鳳凰堂は工事中で
布に覆われていて見えないらしい。

なんということでしょう・・・
あの十円玉の光景をみられないなんてー

拝観料もそのため安くなってましたw


はい、こちらが修理工事中の平等院鳳凰堂になりますww


DSC_0359.jpg

DSC_0360.jpg

DSC_0361.jpg


う、うわ~
残念すぎるwww


DSC_0364.jpg

なぜかその時の私が撮った池の写真↑
きっと癒しが欲しかったんでしょうね・・・w


ちなみに東方での目的としては、鳳凰堂、つまり不死鳥。
もこたんです^^
妹紅さん修理中か・・・
いや、これは復活の儀式なんだ!
工事することによってまた新たに生まれ変わるんだ!うおおおおおおお(落ち着け


ちなみに平等院ミュージアム鳳翔館という建物があり、
その中はじっくり見ることができました。
館内撮影禁止なので写真ないですがw

その建物の中にあった古い巻物に橋姫神社が描かれていて
なんかテンションあがった秋月でした←


そしてまた宇治川へ戻ります。
よく見たらなにかあります。
近づいたら、なんと紫式部さんがおられるではありませんか。
記念に撮りました^^

DSC_0368.jpg


宇治川もついでに。
流れが早くて荒々しい感じがしました。

DSC_0369.jpg



京都駅へ戻って友達と合流して二日目終了。


さて、さっきの橋姫神社でしたお願い事の続きの話です。
ホテルでみんなでくつろいでると、
携帯にLINEで連絡が。友達からです。
その友達は中学一緒でバイト先も一緒なのですが・・・

なんと、その友達から
「○○(バイト先の名前)が今月で潰れるってwwwwwwwwww」
という衝撃の連絡がきましたwwwwwwwwwwwwww

厳密に言うと、私が願ったのは
本館のレジに行きたくない、ということでした。
私は別館所属なのですが、本館の人手が足りない時ちょくちょく呼ばれるんですよ。
でも本館は別館に慣れた私にはハードすぎてとてもじゃないですがやってられなかったんです。
先日本館にいたときお客と店長と常務巻き込んでモメましたしね。

そして潰れるのは別館の方。
別館が潰れるならば、私は自動的に本館へ配属されるということですね。
そんなことになったら私は辞めたほうがマシなので
私がバイトを辞めて、縁切りは成立します。

つまり、橋姫様は私が本館と縁を切るきっかけを作ってくださったんですよ。


しかし、願った当日、その日にこんなことが起こるとは・・・
橋姫様、恐ろしいですね・・・。
ただの偶然とは思えないですね、
なんせ別館は新しく改築してまだ2ヶ月しかたってないので
潰れるなんて当分予想だにしてませんでしたから。

パルパルすごすぎ。


みなさんも、なにか悪縁があったら参拝してみてはいかがでしょうかw
私のように形はどうあれ、願いが叶うかもしれませんよw



さて、三日目です、最終日です。
この日はみんなと別行動してません!脱、ぼっち。

朝の7時に友達一人連れて、二人で伏見稲荷大社へ向かいました。
昨日も乗った奈良線で一本。宇治よりも稲荷駅のほうが近いです。

ホテルに残った友達が9時までにホテルに戻ってこいなんて
無茶なことをいうのでゆっくりまわれませんでしたが・・・w


DSC_0370.jpg

これが入口です。
稲荷駅下車して改札通って、すぐ目の前ww
本当に目の前でした。ちょっと左に首を傾けて。

DSC_0371.jpg

参道を歩いていきます。


DSC_0372.jpg

そこらじゅうに狐が。らんしゃまー(*^ω^*)


DSC_0375.jpg

さて、着きましたよ。千本鳥居。
最初見たとき、うわぁ!ここか!ってなりましたw

なんだか、魔への入口というか・・・
ただならぬ雰囲気をもった入口なんですよ、千本鳥居w


人がたくさんいたらこうは思わないかもしれませんが、
平日の朝の7時、しかもこの日はあいにくの雨でした。
人がいなかったんですねー。
人のいない稲荷大社、めちゃくちゃ良かったですよ。雰囲気。
好きな人と来たらたまんないですね、きっとww
私は今回友達とでしたが(´・_・`)

今度は夜も行ってみたいですね!
山全体のオーラがすごそうです・・・ww


鳥居の途中↓

DSC_0376.jpg

ブレちゃってますが、迫力ありますよね!


一回目の鳥居郡を抜けた先の二回目の入口↓

s-DSC_0377.jpg

左が入口で、右は帰り道かな?
私たちは右の帰り道を通らずに帰ってきちゃいましたが;



DSC_0378.jpg


これ、すごくないですか?
カメラが鳥居の連続した空間をうまく把握できなくて、
ぼやけてしか撮れなかったんです。
でもこの∞感はすごい。

さすがはEXステージ背景!(そこか

実は動画もとったのですが
載せられないかなーw


上ので写真はおしまいです。

時間が迫っていたので途中で引きかえしましたが
全体の3割ほどしか見れてません・・・

また今度来たらじっくりまわりたいと思います!
夜の伏見稲荷大社も良さそう^^
拝観時間に制限ないらしいですしおすし



というわけで私の聖地巡礼はこれにて終了。
あとは友達とお土産買ったりして帰りの新幹線乗って東京へ~


いやはや、色々みてまわれて満足であります。


工事期間中だった場所や、行けてない場所、
違う時間帯に行きたい場所など結構あるので
またぜひ行きたいですね、京都。

とてもいいところでした^^


すごく長くなりましたしこのへんで!
ではでは!


スポンサーサイト
16 : 24 : 09 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エイラおめ&百合本感想 | ホーム | バレンッタインッデイッ!キッッィス!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tohomamegohann.blog10.fc2.com/tb.php/308-1c20458d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

川淵がうろ

Author:川淵がうろ
百合が大好きな大学生♀ですw
主に東方projectを扱ってます。
たまにストパンやその他百合作品も。
一番好きなキャラは四季映姫様!!
カプならもちろん
  “こまえーきは我が悲願”←重要
原作は花映塚と地霊殿が特に好きです!
詳しくはトップ参照・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トップ (1)
雑記 (265)
イラスト (58)
バトン (2)
小説 (2)

カウンター

ブロとも一覧


門番の奮闘日記

皐月の奇妙なブログ-爆ぜる永劫の惡の華-

鍵兎のskillup↑ブログ

ぱんじー茶

UNMISSING!!

わにがみのまったりな東方+αなブログ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR